TEL

資料請求 モデルハウス見学予約 土地を探す

TOP

資料請求

見学予約

来店予約

お問い合わせ

スタッフ紹介

佐藤 由香里

Yukari Sato

ポジティブで明るい性格は子ども時代から

子どもの頃、印象に残っている古い記憶といえば、真っ先に思いつくのは、「用水路に落ちた」こと。
母と家の近所を散歩していた時に、用水路をのぞき込んだら、そのまま落ちちゃったんです(笑)。

用水路が身近にあることでもわかるかと思うのですが、子どもの頃住んでいた場所は、いわゆる田舎ののんびりとした地域でした。
遊ぶ場所といえば、とにかく畑!
実家も農業をしていましたが、近所も農家が多く、近所の子ども同士で、畑を走り回っていた記憶がありますね。

家で遊ぶよりも、畑で遊ぶ時間が多くて、今思い出してみると、結構やんちゃな子どもだったのかもしれませんね。

 

今でもお客様や同僚から「佐藤さんってとにかく明るくてポジティブだね!」と言っていただくことがあるのですが、幼い頃からこの性格です(笑)。

私がポジティブな性格でいられるのは、両親の存在がとにかく大きいんです。

私の母は、街からお嫁に来たそうなのですが、とにかく人当たりがよくて、家でも外でも絶対に人を悪く言わない人。
私自身大人になって思うのですが、それって普通は中々できないと思います。
父は、何を聞いても知っていて、私に教えてくれます。それってスゴイことですよね。娘から見て、こんなに賢い人は他にいないと思いますし、尊敬しています。

「この両親に育てられたからこそ、今の自分がある」と断言できるぐらいいい親なんです、ホントに。

子どもだった私に、親の希望を押し付ける教育をしなかったことも大きいと思います。
私は、ピアノ、習字、新体操、テニスと色々な習い事をさせてもらったのですが、「私がやりたい」と思ったことをやらせてくれたことも、本当に感謝しています。

ただ、ピアノは途中で辞めたくなってしまい、川に楽譜を捨てたこともありました。
田舎なので、「この近所でピアノをやっているのは、ゆかりちゃんしかいない」と気づいたご近所さんが、母に濡れた楽譜をもってきたので、すぐにバレて、その時は死ぬほど怒られました。

きっとちゃんと親と話し合って、辞めたいと伝えていたら、怒らずに聞いてもらえたと今でも思っています。

ユーザー画像1枚目
スタッフ一覧に戻る
©かみくぼ住宅