BLOG

家づくりブログ

子育てに適した床材「コルクタイル」とは

2021.11.11

子育てに適した床材「コルクタイル」とは

子どもの快適空間のためには「床材」が重要

小さなお子さんは大人に比べて床との距離が近いですよね。

ハイハイする赤ちゃんの場合は手も床について移動をしますし、歩き始めの頃には転倒も心配です。

そのため、お子さんのためにも安全面や衛生面を考えた床材選びを心がけましょう。

とは言え、床材選びは何を選べば良いのか悩んでしまうかもしれません。

そんな時、ニーズに応えてくれる可能性がある「コルクタイル」について今回はご紹介します。

あまり馴染みのない床材かもしれませんが、コルクタイルは実は皇室にも採用されているものなんですよ。

   

「コルク」が子供の暮らしを支える

コルクとは一般的にコルク樫の表皮の下の部分を指します。

日常的にはワインの栓に使用されていたり、コルクボードとして使用されたりしていますね。

コルクは木を伐採せずに利用でき、1本の木から何回もとることができる素材なので、環境にも優しい素材です。

このコルクを床材として使用できるように加工したのがコルクタイルです。

   

保温性が高い

コルクには小さな気泡が無数に含まれています。

この気泡が熱を逃がしにくくしており、一般的な床材に比べて保温性が高いことが特徴です。

特に冬場は床に足を置くと冷たい感触がありますが、コルクならその嫌なひんやり感を和らげてくれますよ。

  

 遮音性が高い

コルクは遮音性が高い素材なので、防音室の壁に利用されることもあります。

    

 滑りにくい

コルクは弾力性と柔軟性を備えた素材なので滑りにくく、小さなお子さんや高齢者の方も歩きやすいです。

またその弾力性が転倒してしまった際にも衝撃を和らげてくれるため、安全性が高い素材と言えます。

   

家族にとって良い選択をするために、床材を知ろう

「これから建てる家は子供たちにとって安全であってほしい」

小さなお子様のいらっしゃるお施主様家庭なら、誰しもが思っていることでしょう。

家づくりにおいては幅広い選択肢から選べると、より良い選択ができるようになります。

もしかしたら、コルクタイルのようにカタログでは見かけないものが、実はぴったりだったりするかもしれません。

  

より良い家づくりのためには、家づくりに対する知識を身につけることが大切だとかみくぼ住宅は考えます。

かみくぼ住宅では、随時無料相談会を開催しております。

不安なことや相談したいことがあれば、知識豊富なスタッフがお答えいたします。

ぜひお気軽にご参加ください。

お悩み、ご相談あればいつでもご連絡お待ちしております。

  •  PREV

    注文住宅の外壁選びは「汚れ対策」が大事

  • 家事の負担を減らし、家族をつなげる「カウンターキッチン」

    NEXT 

一覧に戻る
カタログ請求 私たちの想いを込めたカタログをお届けします! カタログ請求 私たちの想いを込めたカタログをお届けします!