Magazine

家づくりお役立ち情報

開放感だけじゃない!吹き抜けのある間取りのメリット・デメリット

2021.07.11

  • NEW
開放感だけじゃない!吹き抜けのある間取りのメリット・デメリット

開放感があり、おしゃれな雰囲気にもなる吹き抜け。吹き抜けのある家に憧れる方も多いかもしれません。

ですが、吹き抜けにはメリットと同時にデメリットも存在します。

きちんと理解して作らないと、理想の家や間取りには実は吹き抜けが合わなかったということになりかねません。

この記事では、吹き抜けのメリットとデメリットをご紹介します。

吹き抜けのメリットとは?

吹き抜けの最大のメリットは、開放感のある空間になることです。

天井が高いことにより、開放感とともに部屋を広く見せる効果もあります。

また高い場所に窓を作ることが可能になり、日光を取り入れ部屋の日当たりを良くすることもできます。

さらに上下階のコミュニケーションが取りやすくなり、家族を近くに感じることもできるでしょう。

吹き抜けのデメリットとは?

吹き抜けは高い天井で開放感がありますが、空間が広くなる分空調はききにくくなります。

吹き抜けにはシーリングファンを設置することがよくありますが、おしゃれなだけではなく空調効率を改善するという目的があります。

また、上下階のコミュニケーションが取りやすいというメリットも、プライバシーを重視したい場合にはデメリットとなるでしょう。

人によっては上下階の音が響くのが気になるかもしれません。

まとめ

吹き抜けには様々なメリットがありますし、おしゃれな空間にもなります。

ですが人によってはメリットよりもデメリットのほうが大きくなるため、注意が必要です。

どんな家にしたいのか、理想の家づくりには吹き抜けが必要かどうか考えてみましょう。

理想の家づくりや間取り、吹き抜けを取り入れるかどうかに関しては、ぜひ専門家に相談してみてくださいね。

お悩み、ご相談あればいつでもご連絡お待ちしております。

かみくぼ住宅で現在公開中のモデルハウスはこちら

家づくりセミナーについてはこちら

かみくぼ住宅の建築実例はこちら

  •  PREV

    くつろぎスペースとしてもおすすめ!和室を作ることのメリットとは?

  • 感知警報装置設置等級とは?安全のための火災警報機の種類について知ろう

    NEXT 

一覧に戻る
カタログ請求 私たちの想いを込めたカタログをお届けします! カタログ請求 私たちの想いを込めたカタログをお届けします!