Magazine

家づくりお役立ち情報

くつろぎスペースとしてもおすすめ!和室を作ることのメリットとは?

2021.07.04

  • NEW
くつろぎスペースとしてもおすすめ!和室を作ることのメリットとは?

生活様式の変化により、最近では戸建てでもマンションでも、和室のない家が増えています。

家を建てるときに和室は必要かどうか、迷われる方も多いかもしれません。

ですが、和室には様々な機能性やメリットがあります。

もう一度、和室の良さを考えてみませんか?

この記事では、和室のメリットや使用目的について解説します。

和室の機能性とは?

和室といえば畳。新しい畳は、い草の香りに癒やされますよね。この香りにはリラックス効果があると言われています。

また、い草には調湿作用があります。湿度が高いときは空気中の湿気を吸収し、空気が乾燥しているときには湿気を放出します。

そのため、空気中の湿度がいつでも快適な状態に保たれます。

畳は断熱性能も高いため、冬場でもフローリングのようにひやっと冷たくはなりません。

夏はサラッと涼しく、冬は暖かく快適に過ごせます。

また、最近では塗り壁風の模様の壁紙を使用することも多いですが、しっくいを使った塗り壁にも同じく調湿効果があります。

実際の塗り壁は、手触りも独特でひんやりと冷たく、その触感にも癒やされますよ。

和室の使用目的は?

和室はちょっとした家事スペースとして利用することができます。

取り込んだ洗濯物を一時的に置いたり、そのまま座って畳んだり、また小さな机を置いて家計簿を付けたり。

小さなお子さんがいる家庭では、お子さんが遊ぶスペースとして利用されることも多いです。

畳はフローリングよりもやわらかいため、赤ちゃんがハイハイしたりお子さんが遊んでいるときに転んでも安心です。

リビングの隣に和室を作れば、ふすまを開けておけば子どもたちの様子を見守ることができます。

ふすまを開けて、リビングとひとつづきの広い空間にもできますし、ふすまを閉めればプライベートな個室にもなります。

また、ちょっと横になってゴロゴロしたいときにも和室があるといいですね。い草のリラックス効果によって癒されるでしょう。

さらには、客間としてお客様が来たときに使用することもできます。

まとめ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

和室はあまり使わないと思われるかもしれませんが、実は多目的に使えるスペースとして便利です。

最近では和室という形にはせず、リビングの一角に畳スペースを設けることも多いです。

暮らしの中に柔軟に和室の良さを取り入れられると良いですね。

和室を取り入れた間取りについては、専門家に相談するのがおすすめです。ぜひ一度相談してみてくださいね。

お悩み、ご相談あればいつでもご連絡お待ちしております。

かみくぼ住宅で現在公開中のモデルハウスはこちら

家づくりセミナーについてはこちら

かみくぼ住宅の建築実例はこちら

  •  PREV

    快適な生活に不可欠な、省エネでムダのないエアコン計画について知ろう 

  • 開放感だけじゃない!吹き抜けのある間取りのメリット・デメリット

    NEXT 

一覧に戻る
カタログ請求 私たちの想いを込めたカタログをお届けします! カタログ請求 私たちの想いを込めたカタログをお届けします!