BLOG

家づくりブログ

妥協すると後悔する、家づくりのポイント

2022.02.11

家づくりで重要なポイント

マイホームを建てる上で、建材や設備のオプションは多様にあります。

オプションを適切に選択しグレードアップすることで、デザイン面も機能面も向上させることができますが、

多くのオプションの中からコスト面も踏まえて選択していくのは大変ですよね。

  

今回はそんな方に向けて、コストをかけるべきポイントについてお伝えしましょう。

このポイントを踏まえながら、予算に余裕があれば他の部分をグレードアップすると円滑に家づくりが進みますよ。

  

家族の安全を守る耐震性

まず重要なのが、家族の命を守り助けるための耐震性です。

性能を測る指標はgal(ガル)という数字を確認しましょう。

例えば震度7の地震であれば400gal以上、東日本大震災であれば2900gal以上の数字が計測されていますから、

必要な耐震性能を設定し、オプションやグレードを検討する必要があります。

  

光熱費を抑えるための断熱性・気密性

次に重要なのが断熱性・機密性です。

これが適正なグレード以下であると結露が発生しやすくなり、カビが発生しやすくなってしまうと共に、

熱が外部空間と入れ替わりやすくなってしまうため冷暖房効率が悪く、光熱費がかさんでしまうでしょう。

室内でも、例えばリビングと廊下・お風呂といった部屋同士の温度差が大きくなることで、

死に至ることもあるヒートショック現象が発生しやすくなってしまいます。

これらの予防のためには、断熱性・機密性の高グレード化が必要です。

  

水回りの優先順位は意外と低い

毎日使用するキッチンやトイレといった水回りは、ついつい良いグレードとしたくなりますが、

容易にリノベーションが可能ですから、優先順位は高くありません。

まず他の場所の優先順位を上げると良いでしょう。

  

専門家との相談が重要

ご自分やご家族だけで考えてしまうと、キッチンやトイレといった部分のグレードを上げてしまいがちです。

ただ本当に重要なのは今回ご紹介したような、耐震性や断熱性・機密性と言えるでしょう。

かみくぼ住宅では、このようなオプションやグレード、それにかかるコストなどについて

セミナーを開催しておりますから、お悩みの方は気軽にご参加ください。

  

お悩み、ご相談あればいつでもご連絡お待ちしております。

  •  PREV

    マイホームを建設中の差し入れ、本当に必要?

  • 実は寝室にあると便利なウォークインクローゼット。そのメリットとは?

    NEXT 

一覧に戻る
カタログ請求 私たちの想いを込めたカタログをお届けします! カタログ請求 私たちの想いを込めたカタログをお届けします!
かみくぼ住宅LINE公式アカウント ともだち登録受付中!
かみくぼ住宅LINE公式アカウント ともだち登録受付中!