BLOG

家づくりブログ

片付いた使い勝手の良いキッチンにするための収納アイデアとは?

2021.10.04

片付いた使い勝手の良いキッチンにするための収納アイデアとは?

キッチンにはたくさんの調味料や食器、調理道具など様々なアイテムがあるため、散らかりがちですよね。

ですが、物が多くいろいろなものが出しっぱなしになっているキッチンは料理しづらく、料理へのモチベーションが下がってしまうかもしれません。

キッチンに溢れるたくさんのアイテムを使いやすく収納するには、工夫が必要です。

この記事では、使い勝手の良いキッチンにするための収納アイデアをご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

お鍋の収納はファイルボックスを使う

調理用具の中でも、かさばって収納に場所を取る鍋類。

フライパンや片手鍋、両手鍋など様々な種類があり、形も大きさもバラバラなため、収納に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

大きなものから順に重ねて置いていると、下のほうに置いている鍋やフライパンを使いたいときに取り出しにくくなってしまいますよね。

そんなときにおすすめなのが、ファイルボックスを使って立てて収納するというアイデアです。

鍋の大きさに合わせたファイルボックスを並べ、重ねるのではなく縦にして鍋を収納します。

すっきりと収納できるだけではなく、サッと取り出せて使いやすくなりますよ。

 

突っ張り棒とワイヤーネットで引っ掛け収納

キッチンが狭い場合、調理用具や調味料が収納の中に入りきらない場合がありますよね。

また、料理中によく使う道具を手の届きにくいところに収納していると、使い勝手が悪く効率が落ちてしまいます。

そんなときは、突っ張り棒とワイヤーネットを使った引っ掛け収納を取り入れましょう。

換気扇の内側などに突っ張り棒を通し、そこにS字フック下げるだけで、おたまやフライパンなどを引っ掛けて収納することができます。

突っ張り棒にキッチンペーパーを通しておけば、料理中でもすぐに使えて便利ですよ。

また、ワイヤーネットを組み合わせれば、さらに多くのものを収納できるようになります。

ワイヤーラックを引っ掛けて調味料入れにするなど、様々な使い方ができます。

 

まとめ

賃貸のキッチンは狭くて収納が少ないことが多く、物が散らかってしまいがちかもしれません。

マイホームを建築する場合は、最初から自分たちにとって使い勝手の良いキッチンを作ることができます。

大容量の収納棚を入れたり、パントリーを作ったり、様々なアイデアを取り入れることができます。

家づくりを考えるときには、ぜひ理想のキッチンについても考えてみてくださいね。

お悩み、ご相談あればいつでもご連絡お待ちしております。

  •  PREV

    キッチンをすっきりさせる!ミニマリストに学ぶ断捨離術

  • 冬に危険な「ヒートショック現象」を防ぐために今すぐできる対策とは?

    NEXT 

一覧に戻る
カタログ請求 私たちの想いを込めたカタログをお届けします! カタログ請求 私たちの想いを込めたカタログをお届けします!