BLOG

家づくりブログ

冬に危険な「ヒートショック現象」を防ぐために今すぐできる対策とは?

2021.10.11

冬に危険な「ヒートショック現象」を防ぐために今すぐできる対策とは?

寒い冬の日に、暖かい部屋の中から冷たい廊下に出たときにヒヤッとして震えてしまうことがあると思います。

この気温差は、ヒートショック現象を引き起こす危険なものです。

家の中で起こる危険、ヒートショック現象。

この記事では、ヒートショック現象を防ぐために今すぐできる対策をご紹介します。

 

ヒートショック現象とは

ヒートショック現象とは、急激な気温差により血圧が大きく変動し、その結果失神や心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こしてしまう現象のことです。

場合によっては命にもかかわる非常に危険な現象です。特に高齢者の被害が多く注意が必要です。

ヒートショック現象を引き起こす気温差は特に冬場に見られます。

暖房をつけている室内とつけていないトイレや浴室などとの気温差は10度以上になっていることも。

暖かい室内から寒い脱衣所に移動し、また暖かい湯船に浸かるという入浴の動作は、ヒートショック現象を引き起こしやすいのです。

 

ヒートショック現象を防ぐためにすぐにできること

お風呂の寒さ対策というと、リフォームしたり浴室暖房機を設置したりと大掛かりでお金がかかるというイメージがあるかもしれません。

ですが、今すぐできる対策もあるため、まずはそちらを取り入れてみるのはいかがでしょうか。

古い建物の場合、浴室がタイル張りだったり、断熱材が入っていなかったりすることも多くかなり冷え込みます。

そんなときは、ホームセンターで買えるすのこや浴室用マットを敷くだけでも違います。

また、浴室に窓がある場合は窓に断熱シートを貼るという方法も有効でしょう。

脱衣室の寒さが気になる場合は、電気ヒーターなどを設置して事前に暖めておくようにすると良いでしょう。

 

ヒートショック現象を防ぐ高気密・高断熱の家づくり

ヒートショック現象は家の中の温度差が原因で起こります。

高気密・高断熱の住宅なら、熱が逃げない構造なので家全体が暖まりやすく、外からの冷気もシャットアウトできます。

その結果家の中の温度差が小さくなり、ヒートショック現象を防ぐことができます。

また、高気密・高断熱の家は冷暖房効率が高いため、冬だけでなく夏も快適に過ごすことができます。

ヒートショックの危険を防ぎ、一年中快適に過ごせる家を建てたいと思われたら、ぜひ一度住宅の専門家相談してみてくださいね。

お悩み、ご相談あればいつでもご連絡お待ちしております。

  •  PREV

    片付いた使い勝手の良いキッチンにするための収納アイデアとは?

  • 和室にベッドは合わない?畳にローベッドという選択

    NEXT 

一覧に戻る
カタログ請求 私たちの想いを込めたカタログをお届けします! カタログ請求 私たちの想いを込めたカタログをお届けします!