BLOG

家づくりブログ

和室にベッドは合わない?畳にローベッドという選択

2021.10.18

和室にベッドは合わない?畳にローベッドという選択

通常、寝室として使う場合は洋室にはベッド、和室には布団を敷くのが一般的ですよね。

和室にベッドを置くというのはあまり考えないかもしれません。

ですが、和室にベッドを置くのは実はメリットもありおすすめです。

和室にベッドは合わないと思われるかもしれませんが、ローベッドなら和室の雰囲気にもぴったり合うんです。

モダンな旅館のようなおしゃれなインテリアにすることが可能ですよ。

この記事では、和室にベッドを置くことのメリットと注意点をお伝えします。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

畳にベッドを置くメリット

腰や膝に負担がかからない

布団で寝ていると、起き上がるときに膝や腰に負担がかかってしまいます。

特に高齢になると、立ち上がるときにバランスを崩して転倒してしまう恐れも。

ベッドなら、少し高さがあるため立ち上がりが楽になり、転倒のリスクも下がります。

 

ホコリが気にならない

畳に直接布団をしいて寝ていると、ホコリが舞うのが気になることがあるかもしれません。

ですが、ローベッドなら床から少し距離ができるためホコリが気にならず、快適に眠ることができます。

 

畳にベッドを置く際の注意点

畳の凹み対策

通常のベッドは4本脚で支えられているため、その4点に荷重が集まってしまいます。

そうすると、その部分だけ畳が傷み、凹みあとがついてしまうことがあり、畳の寿命を縮めてしまうことにもなります。

ですが、ローベッドなら点ではなく面で支えるため、荷重が分散され凹みあとが付きにくくなります。

それでも跡がつくのが気になる場合は、ベッドの下にマットを敷くなどの対策がおすすめです。

 

和室に合うインテリアに気をつける

ローベッドが和室に合うと言っても、注意点もあります。

和室は和の雰囲気。畳などは自然素材であるため、和室にはナチュラルインテリアが合います。

そのためベッドも、金属やスチールなど無機質なものよりは、木製などナチュラルな素材のものが合うでしょう。

全体的にナチュラルモダンなインテリアにするのがおすすめです。

 

まとめ

おしゃれで機能的、しかもおしゃれな和室にローベッドという選択。

注意点もありますが、うまく取り入れればひと味違ったおしゃれなインテリアにすることができますよ。

自分でインテリアを考えるのも楽しいですが、マイホームを建築する際には、インテリアの専門家であるインテリアコーディネーターが、こだわりのインテリアを提案してくれます。

インテリアにこだわったお家づくりをしたい方は、ぜひ一度ご相談ください。

お悩み、ご相談あればいつでもご連絡お待ちしております。

  •  PREV

    冬に危険な「ヒートショック現象」を防ぐために今すぐできる対策とは?

  • 主寝室は和室と洋室どっち?マイホームの寝室問題

    NEXT 

一覧に戻る
カタログ請求 私たちの想いを込めたカタログをお届けします! カタログ請求 私たちの想いを込めたカタログをお届けします!