BLOG

家づくりブログ

主寝室は和室と洋室どっち?マイホームの寝室問題

2021.10.26

主寝室は和室と洋室どっち?マイホームの寝室問題

主寝室は「和室」?「洋室」?

マイホームは人生で最も高い買い物。

せっかく家を建てるなら、理想の家を建てたいですよね。

どんな家を建てるかを巡って、夫婦で意見が割れてしまうこともあるでしょう。

その中でも寝室については、主寝室を和室にするか洋室にするかで意見が分かれることがあります。

1日の疲れを癒す場所である寝室。納得して選びたいですよね。

今回は、和室は洋室派のそれぞれの意見をまとめてご紹介したいと思います。

 

和室派の意見と洋室派の意見

布団で寝たい和室派

もともと和室に布団で寝ていたため、慣れている布団で寝たいという方が多いのではないでしょうか。

ベッドに慣れていないと、特に寝相が悪い人は落ちそうで怖いと思うかもしれません。

また、和室派の意見として、布団は畳んで収納できるのが良いという意見もあるでしょう。

ベッドを置く場合、かなりのスペースをとってしまいますが、布団なら畳んでしまえばそのスペースを有効活用できます。

 

ベッドで寝たい洋室派

和室派と同様、ベッドの方が慣れているという方は洋室がいいと思われるでしょう。

布団に慣れていないと、地面に近くホコリが気になるため抵抗があるという方もいるかもしれません。

また、ベッドでなく布団の場合は布団の上げ下ろしが大変という方もいるでしょう。

ベッドだったらそのままの状態をキープできるため、楽だと感じるかもしれません。

 

夫婦とはいえ、育ってきた環境が違うため意見が異なるのは仕方ないかもしれません。

どちらかの意見に合わせられたらいいですが、互いの意見を尊重して歩み寄ることも大事です。

例えば、どちらの意見も取り入れ和室にローベッドを置くという方法もあります。

和モダンで旅館のようなおしゃれな空間になり、おすすめですよ。

ただし、畳は重い家具を置くことで傷んでしまうことがあるため、マットを敷くなどの対策は必要です。

 

まとめ

寝室は1日の疲れを癒し、ゆっくりと過ごす場所です。

人間は人生の時間のうち3分の1の時間を寝て過ごすと言われています。

つまり、寝室で人生の3分の1を過ごすことになるのです。

快適に睡眠を取り翌日に備えるためにも、寝室にはこだわりたいですよね。

もしも家造りで夫婦の意見がなかなかまとまらないというときには、ぜひ家づくりの専門家に相談してみてください。

きっと家族にぴったりな最適なプランを提案してくれるはずです。

お悩み、ご相談あればいつでもご連絡お待ちしております。

  •  PREV

    和室にベッドは合わない?畳にローベッドという選択

  • 「戸建用宅配ボックス」の魅力と注意点

    NEXT 

一覧に戻る
カタログ請求 私たちの想いを込めたカタログをお届けします! カタログ請求 私たちの想いを込めたカタログをお届けします!