BLOG

家づくりブログ

避けたいご近所トラブル。建築中に気をつけるべきチェックポイントとは?

2021.09.18

避けたいご近所トラブル。建築中に気をつけるべきチェックポイントとは?

 

注意したい建築中のご近所トラブル

家を建てるなら、なるべくご近所さんとのトラブルは避けたいですよね。

ですが、実際には建築中からご近所トラブルが起きてしまうことが少なくありません。

よくあるトラブルが、工事の音がうるさいとか、夜間に工事をしているというクレームです。

また、近隣の土地を無断で使用している。道に釘やタバコが落ちている。現場の泥が道路に流れている。といった問題もよく起こります。

入居後からご近所さんとの良好な関係を築くために、トラブルを起こさないためにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか。

 

建築中のご近所トラブルを避けるためのチェックポイント

建設中のご近所とのトラブルを避けるためには、設計の段階から注意しておく必要があります。

事前に確認しておきたいチェックポイントは、以下の通りです。

  • 建設資材をご近所の土地に置く必要はないか
  • 建築資材を搬入する方法は問題がないか
  • 土地の境界線や柵の位置は適切か
  • 建設時間や騒音に問題はないか
  • 水道管やガス管、排水管が近隣の土地に埋設していないか
  • 電気の支線の位置
  • 防犯ライトの位置
  • 窓の位置はご近所に影響がないか
  • エアコン室外機の位置は適切か

また、基本的なことですが、工事が始まる前には近隣の方に挨拶回りをしておくようにしましょう。

事前に、工事を行うためご迷惑を掛けることがあるかもしれないと直接きちんとご挨拶しておくだけで、かなり心証は変わるものです。

 

まとめ

工事中のご近所トラブルはできれば避けたいもの。

ご近所の土地を利用する必要があったり建設中に迷惑をかけてしまうようであれば、建設計画を変更したり事前に承諾をとったりしておくことが望ましいでしょう。

建設中のご近所とのトラブルを避けるために、始めから住まいの専門家に相談しておくことも大切です。

家づくりで不安に感じることがあれば、何でも事前に相談してくださいね。

お悩み、ご相談あればいつでもご連絡お待ちしております。

  •  PREV

    家を建てる際の儀式「地鎮祭」や「上棟式」とは何?タイミングや費用は?

  • 家づくりで夫婦の意見が割れたときの対処法とは?

    NEXT 

一覧に戻る
カタログ請求 私たちの想いを込めたカタログをお届けします! カタログ請求 私たちの想いを込めたカタログをお届けします!