Magazine

家づくりお役立ち情報

知っていますか?住宅ローン減税制度の仕組み

2021.08.11

  • NEW
知っていますか?住宅ローン減税制度の仕組み

住宅ローン減税制度、または住宅ローン控除という言葉を聞いたことはありますか?

聞いたことはあっても、詳しい内容は知らないという方も多いかもしれません。

そこでこの記事では、住宅ローン減税制度についてわかりやすく解説します。

 

住宅ローン減税制度とは?

住宅ローン減税制度は、一定の要件を満たして住宅ローンを利用して住宅を購入した際に受けられる減税制度です。

住宅ローンの金利負担を軽減する目的で作られました。

確定申告や年末調整で申告することにより、その年に支払った所得税や住民税の一部が戻ってくるという仕組みです。

その年の年末の住宅ローン残高の約1%にあたる所得税が、10年間(または13年間)にわたって控除されます。

最大控除額は年間40万円です。

住宅ローン減税制度は新築物件の購入だけではなく、中古物件の購入やリフォームなどにも適用される場合があります。

 

住宅ローン減税制度の主な要件とは?

面積の規定

住宅の床面積が50㎡以上で、床面積の2分の1以上が専ら自己の居住用であることが条件となっています。

居住の期間

住宅ローン減税を受けるためには、住宅の取得日から6ヶ月以内に入居し、控除を受けようとする年の12月31日まで引き続いて住んでいることが条件になります。

この期間に居住しているかの確認は基本的には住民票で判断されます。

住宅ローンの借入先と返済期間

住宅ローンの借入先は原則、金融機関であることが条件になっています。

親族や知人からの借り入れは住宅ローンとはみなされません。

例外として、金利が0.2%以上であれば勤務先からの借り入れは可能です。

また、返済期間は10年以上という条件もあります。

所得の制限

控除を受ける年の合計所得金額が3,000万円以下でないと、住宅ローン控除を受けることはできません。

 

まとめ

住宅ローン減税制度はこれまで何度も見直しが行われています。

これまでにも税制改正などに伴い、要件の緩和や適用期間の延長などの処置がとられてきました。

そのため、制度の詳しい内容や適用条件は、ぜひ専門家に相談してみてくださいね。

また、住宅ローン減税制度は5年以内であれば遡って申告することも可能です。

制度を知って賢くマイホームを手に入れましょう。

お悩み、ご相談あればいつでもご連絡お待ちしております。

かみくぼ住宅で現在公開中のモデルハウスはこちら

家づくりセミナーについてはこちら

かみくぼ住宅の建築実例はこちら

  •  PREV

    家を建てたあとに後悔しないための駐車スペースの取り方とは?

  • 空き巣は窓からの侵入が最も多い!気をつけるべき窓の防犯対策

    NEXT 

一覧に戻る
カタログ請求 私たちの想いを込めたカタログをお届けします! カタログ請求 私たちの想いを込めたカタログをお届けします!