スキップフロアとは?

スキップフロアとは、空間を壁で仕切らずに床の高さを変えることで区切る間取りのことです。

壁がなく、連続したひとつの空間を段差によって仕切るため、広がりのある空間になります。

リビングから少し段差をつけたところに作る和室を「小上がり」といいますが、小上がりもスキップフロアのひとつです。

スキップフロアの間取りにするメリット

スキップフロアは空間を壁で仕切るのではなく段差で仕切るため、壁のない連続した空間を作ることで、お部屋が広く感じられます。

また壁を作らないことで、風が良く通るようになります。

窓から入る光も部屋の置くまで届くようになり、採光面でも効率的であると言えます。

さらに、壁がなく繋がった空間なので家族がどこにいても気配が感じられます。お子さんが今何をしているのかもすぐに目が届き安心です。

スキップフロアは狭小住宅にもおすすめ

スキップフロアは空間を横に区切るのではなく縦に連続させる間取りのため、狭小住宅にもおすすめです。

壁のない連続した空間になるため、狭小住宅でもお部屋が広く感じられます。

また、床の高さを半階ずつ変えることで階数を増やし、高さや奥行きに変化のある立体的な間取りにすることも可能です。

まとめ

スキップフロアなら風や太陽光、視線がよく巡り、壁で仕切る間取りよりも広く感じ開放感のある間取りになります。

反対に、空間が広くなるため空調がききにくくなるなどのデメリットもあります。

スキップフロアの注意点や間取りのデザイン、また技術的な面については、ぜひかみくぼ住宅に相談してくださいね。

お悩み、ご相談あればいつでもご連絡お待ちしております。

かみくぼ住宅で現在公開中のモデルハウスはこちら
https://www.iiieiii.com/cubo/cubo/

家づくりセミナーについてはこちら
https://www.iiieiii.comhttps://www.iiieiii.com/event//event/

かみくぼ住宅の建築実例はこちら
https://www.iiieiii.com/building/