Magazine

家づくりお役立ち情報

キッチンニッチの導入で自分に合った収納を作ろう

2021.04.12

  • NEW
キッチンニッチの導入で自分に合った収納を作ろう

悩ましいキッチン作業台の整理収納

 

キッチンは何かと物が多く、整理整頓が難しいと感じることはありませんか?

 

特にキッチンの作業台は手が届きやすいので、よく使う調味料などを置いておきたいですが、作業スペースが減ってしまうので悩みますよね。

 

また、調味料などの小物を「いちいち戸棚に戻すのが面倒」と感じる方もいるでしょう。

 

新築住宅なら、そのような悩みを解決する方法があります。

その一つが、キッチンニッチの導入です。

 

今回は、キッチン作業台の整理整頓に効果的な、キッチンニッチについてご紹介します。

 

キッチンニッチのメリット

 

ニッチとは、壁につくる凹みのことです。

壁の厚みを利用して、小物収納やディスプレイとして活用することができます。

 

キッチンの腰壁(カウンター)が、作業台より20~25cmぐらい高いオープンキッチンなら、キッチン側のニッチ(キッチンニッチ)をつけることができます。

 

キッチンニッチに調味料を並べて置けば、作業台の上をすっきりさせておきながら、すぐに調味料を取ることができて便利です。

 

また、キッチンニッチ内にコンセントを埋め込むこともできます。

凹んだ部分に施工することで、水はねや漏電リスクを軽減できるので安全ですね。

 

ダイニング側にニッチを設置すれば、ティッシュ箱や文具など、ついダイニングテーブルに置きっぱなしになる小物類を収納することもできます。

 

キッチンニッチのデメリット

 

キッチンニッチの収納を広くとろうとして、キッチンの腰壁を高くしすぎると、圧迫感を感じたり、カウンターが使いづらくなってしまいます。

 

あまり収納は欲張らずに、全体の雰囲気や使いやすさも考えて計画することが大切です。

 

また、凹んだ部分はほこりがたまりやすくなります。

キッチンニッチには、よく使うものだけ収納し、掃除のときはさっとどけられるようにしておくといいですね。

 

キッチンニッチのことならプロに相談しよう

 

収納は自分が使いやすいように作ることができると、ストレスがなくなります。

新築住宅を建てるときは、キッチンニッチのような、自分に合った収納をぜひ検討してみてください。

 

かみくぼ住宅では、キッチンニッチのある住宅の施工実績がございます。

よく心配される油はね、水はねの防止についてもノウハウがあります。

 

使いやすいキッチンの家をご希望なら、ぜひかみくぼ住宅へご相談ください。

かみくぼ住宅で現在公開中のモデルハウスはこちら
https://www.iiieiii.com/cubo/cubo/

家づくりセミナーについてはこちら
https://www.iiieiii.comhttps://www.iiieiii.com/event//event/

かみくぼ住宅の建築実例はこちら
https://www.iiieiii.com/building/





  •  PREV

    ダイニングテーブルの素材とサイズ、照明の選び方について

  • 段差だけじゃない!高齢者のバリアフリー住宅に必要な3つの視点

    NEXT 

一覧に戻る
カタログ請求 私たちの想いを込めたカタログをお届けします! カタログ請求 私たちの想いを込めたカタログをお届けします!