BLOG

家づくりブログ

空間をより開放的にする「折り上げ天井」とは?

2022.03.04

折り上げ天井とは?

部屋の中央部分の天井を周囲と段差をつけたものを「折り上げ天井」と呼びます。

天井は実は単調になりがちなのですが、折り上げ天井はアクセントになりやすく、

空間を広々と感じらせやすい操作で、リビングや玄関に用いられることが多いです。

間接照明をセットで設置するとさらに折り上げ天井を引き立てやすくなりますし、

部屋の雰囲気を大きく変えることができるでしょう。

  

さて、このような折り上げ天井のメリットとデメリットについて今回は解説していきます。

   

メリット

最大のメリットは前述したように、開放的な部屋とすることができることでしょう。

建築構造上、どうしても天井高が取れない場合などにオススメします。

  

開放感以外にも、演出的な効果も見込むことができます。

折り上げ天井自体の形状は四角でも円でも比較的自由に設定することが可能ですし、

例えば折り上げ天井部分にアクセントクロスやシーリングファンといった操作を行うことで、

よりアクセント性が強くなり、部屋全体のデザイン性をグッと上げることが可能です。

  

安価なコストも折り上げ天井のメリットの1つです。

コスト面に制約がある場合は、このような折り上げ天井を最大限活用することで、

ご自身が目指されている理想的なマイホームに近づけることができるしょう。

  

デメリット

一方で、清掃面でデメリットはあります。

折り上げ部分に埃が溜まりやすく、また天井は手が届いにくいので、余計に掃除しにくいでしょう。

また意匠面では、折り上げ部分の段差が大きすぎると部屋のデザインバランスが崩れてしまいますし、

逆に小さいと十分なアクセントとならないことになってしまいますから、

この辺りはセンスの良い設計者と検討することをおススメします。

  

素敵な折り上げ天井を作るために

折り上げ天井はこのように、多くのメリットがある一方で、

適切な段差の形状としないとあまり効果的が無くなってしまいます。

ベストな塩梅をご検討されている場合は、ぜひ弊社までお気軽にご相談ください。

豊富な実績から、お客様のライフスタイルやご要望にあったものをご提案させていただきます。

  

お悩み、相談あればいつでもご連絡お待ちしております。

  •  PREV

    適切に地震対策するための耐震、免震、制震の基礎知識

  • マイホームの天井、どの種類にする?

    NEXT 

一覧に戻る
カタログ請求 私たちの想いを込めたカタログをお届けします! カタログ請求 私たちの想いを込めたカタログをお届けします!
かみくぼ住宅LINE公式アカウント ともだち登録受付中!
かみくぼ住宅LINE公式アカウント ともだち登録受付中!