BLOG

家づくりブログ

二世帯住宅の間取りのポイント2 完全分離型二世帯住宅のメリット・デメリット

2021.06.11

二世帯住宅の間取りのポイント2 完全分離型二世帯住宅のメリット・デメリット

二世帯住宅で失敗しないためのポイントのひとつは、間取りをどう分けるかです。

間取りを考えるに当たっては、家族構成やそれぞれの生活スタイルなど、様々な状況を加味して考えなければ、後から後悔することになりかねません。

ここでは、二世帯住宅の中でも完全分離型の間取りについて、メリットとデメリットをご紹介します。

完全分離型二世帯住宅とは?

完全分離型とは、その字の通り間取りが親世帯と子世帯とで完全に分かれている間取りのことです。

建物は1棟ですが玄関が2つあり、内部も完全に分かれています。キッチンやお風呂、リビング・ダイニングなどもすべて別々。アパートの隣の部屋のようなイメージです。

完全分離型には、大きく分けて上下分離型と左右分離型の2つがあります。

上下分離型は、下の階を親世帯が使い上の階を子世帯が使うというように、上下階で分ける考え方です。左右分離型は、建物を左右2つに分けて親世帯と子世帯で分かれて使うという考え方です。

完全分離型二世帯住宅のメリット

完全分離型の一番のメリットは、お互いのプライバシーを確保しつつほどよい距離感で暮らせることです。

親世帯と子世帯とで生活スタイルや活動時間帯が違う場合なども、完全分離型であればそれほど気にする必要はありません。

また、お互いに友人やお客様を招きやすいという点もメリットと言えます。

さらに、普段は別々に暮らしていても、近くにいるので子供をすぐ親に預けることができるなど、ほどよい距離感で協力し合えるというメリットもあります。

完全分離型二世帯住宅のデメリット

反対に完全分離型のデメリットは、建築コストがかかるという点です。

完全分離型の場合、キッチンやお風呂などの設備を2つずつ入れなければいけないため、その分費用がかかります。

家を2つ建てるのとほぼ同じと言えるでしょう。また、それを継続して使っていくための光熱費もかかります。

まとめ

完全分離型二世帯住宅は、お互いのプライバシーを守ることができる間取りですが、その分コストがかかってしまいます。

二世帯住宅で失敗しないためには、それぞれの生活スタイルや気になる点をきちんと洗い出し、入居後の生活を入念にシミュレーションしてみることが大切です。

どんな間取りが最適なのか、専門家に相談してみるのもおすすめです。プロの設計士に相談すれば、きっと納得のいくプランを作ることができますよ。

お悩み、ご相談あればいつでもご連絡お待ちしております。

かみくぼ住宅で現在公開中のモデルハウスはこちら
https://www.iiieiii.com/cubo/cubo/

家づくりセミナーについてはこちら
https://www.iiieiii.comhttps://www.iiieiii.com/event//event/

かみくぼ住宅の建築実例はこちら
https://www.iiieiii.com/building/

  •  PREV

    二世帯住宅の間取りのポイント1 キッチンは分ける?

  • スキップフロアとは?壁を使わない間取りのメリット

    NEXT 

一覧に戻る
カタログ請求 私たちの想いを込めたカタログをお届けします! カタログ請求 私たちの想いを込めたカタログをお届けします!