Magazine

家づくりお役立ち情報

メリット・デメリットを知って、憧れのルーフバルコニーを作ろう

2021.05.29

  • NEW
メリット・デメリットを知って、憧れのルーフバルコニーを作ろう

開放感あふれるルーフバルコニーを作りたい

ルーフバルコニーとは、下の階の屋根を利用したバルコニーのことです。

2階の一部に作ったり、屋上に作ったり…

ルーフバルコニーを取り入れることで、敷地に庭を作るスペースがなくても、開放感あふれる外空間を楽しむことができます。

今回は憧れのルーフバルコニーのメリットとデメリットについてご紹介します。

ルーフバルコニーのメリット

ルーフバルコニーには、魅力的なメリットがたくさんあります。

眺望が楽しめる

ルーフバルコニーは2階以上に設置されるため、眺望が楽しめます。

山々や雲の流れる様子、朝日や夕日、夜景など、自然の移り変わりをたっぷりと味わえます。

ランチやバーベキューを楽しめる

ルーフバルコニーは広さがあるので、テーブルや椅子を並べて食事を楽しむことができます。

屋上のルーフバルコニーなら、夏の夜に仲間で集まって、ビール片手に花火鑑賞をするのもいいですね!

家事がはかどる

ベランダと比べて、ルーフバルコニーは奥行きがあるので、たくさんの洗濯物を干すことができます。

家族の布団やシーツを干しながら、毎日の洗濯物を干しても十分なスペースがあります。

外に広い空間があるということは、スムーズに家事を行うという点においても嬉しいポイントですね。

家庭菜園やガーデニングも楽しめる

プランターを利用すれば、家庭菜園やガーデニングを楽しむこともできます。

オリーブなどのシンボルツリーを置いても素敵ですね!

ルーフバルコニーのデメリット

素敵なルーフバルコニーにも、注意すべきデメリットがあります。

雨漏りの心配がある

通常、屋根には防水加工が施されていますが、屋根の代わりにルーフバルコニーを設置することで、防水加工が不十分になっている場合があります。

バルコニーの床部分の防水加工や、水はけのよい施工を実施する業者を選びましょう。

飲食をする際は近所迷惑になることも

バルコニーで食事を楽しめるのはいいですが、騒ぎすぎて近所迷惑にならないように注意しましょう。

バーベキューをするなら、煙や匂いなど、近隣への配慮が必要です。

ルーフバルコニー生活を満喫したいなら、日ごろから近所づきあいを円滑に進めておくとよいですね。

強風や日光の照り返しなどに注意

2階や屋上に位置するルーフバルコニーでは、強風や日光の照り返しなど、自然条件の影響を受けやすいです。

強風で物が落下したり、うまく植物が育たなかったりする可能性があるので、あらかじめきちんと対策をしておきましょう。

ルーフバルコニーのことなら専門家に相談してみよう

ルーフバルコニーを設置して色々と計画をしたのに、結局デメリットを考えて使わなくなってしまっては残念ですよね。

ルーフバルコニーの設計・施工については、専門的な知識が必要なので、まずは住宅の専門家に相談してみるのがおすすめです。

素敵なルーフバルコニーのことなら、かみくぼ住宅までお気軽にご相談ください。

お悩み、ご相談あればいつでもご連絡お待ちしております。

かみくぼ住宅で現在公開中のモデルハウスはこちら
https://www.iiieiii.com/cubo/cubo/

家づくりセミナーについてはこちら
https://www.iiieiii.comhttps://www.iiieiii.com/event//event/

かみくぼ住宅の建築実例はこちら
https://www.iiieiii.com/building/

  •  PREV

    おうちでリフレッシュ!自宅の浴室でミストサウナを楽しもう

  • 二世帯住宅の間取りのポイント1 キッチンは分ける?

    NEXT 

一覧に戻る
カタログ請求 私たちの想いを込めたカタログをお届けします! カタログ請求 私たちの想いを込めたカタログをお届けします!