株式会社かみくぼ住宅

いつでもお気軽にお電話ください。088-674-2034

お問い合わせはこちら

ホーム > テクノストラクチャー

テクノストラクチャー

木の優しさと、鉄の強さを持つ家。

木の優しさと、鉄の強さを持つ家。

Panasonic Buiders Group パナソニックビルダーズグループ

パナソニックが開発した耐震木造工法『テクノストラクチャー』は木の家の優しさと鉄の家の頑丈さを併せ持つ次世代の木造住宅です。

木と鉄の複合梁 テクノビーム

木と鉄の複合梁 テクノビーム

テクノストラクチャー最大の特徴、それがこのテクノビームです。木の間に鉄骨を挟んだこの複合梁は、従来の木の梁に比べ強度は3倍、たわみ量は1/4以下という圧倒的な強度を誇ります。鉄骨部は亜鉛めっきを施しているため錆びにも強く、長期に渡って高い耐久性を保つことが可能です。

精密な構造計算で安全性をチェック

精密な構造計算で安全性をチェック

構造計算とは、建てる家の強さを確認する大切な作業。ですが、建築基準法では木造2階建て住宅には簡易な構造チェックの義務しか課していないため、構造計算を行っていない家も多く存在します。しかし、テクノストラクチャーでは細かな部分までしっかりと構造計算をします。地震などで家が揺れた際に、どこにどのような負荷がかかるのかを細部まで確認し、安全な家を作り上げるのです。

家を支える基礎もしっかりと

家を支える基礎もしっかりと

家を支えるまさに基盤とも言える基礎。建物の大きさや間取り、建材の種類によって基礎にかかる力は変わります。テクノストラクチャーでは、その緻密な構造計算に基づき一棟一棟それぞれに合った最適な基礎を設計しています。

実験に裏付けされる耐震性能

実験に裏付けされる耐震性能

これからの時代、やはり気になるのは耐震性能。テクノストラクチャーは、その耐震性能を確認するため実物大のモデル住宅を用い、阪神・淡路大震災クラスの振動実験を行っています。また、実際にあった過去の大きな地震の際にもテクノストラクチャーの家は主要な構造部分の損傷がゼロであったことが確認されており、その高い耐震性能が実証されています。

広々空間を実現

広々空間を実現

テクノビームがもたらす効果は耐震性・耐久性だけではありません。強い梁だからこそ、構造を支える柱や壁を減らすことができます。
柱と柱の間を最大約6m、天井高も約2.8mまで可能になり、従来の木造住宅ではありえなかったような大空間が実現できるのです。

自由設計で美しいデザイン

自由設計で美しいデザイン

テクノビームがもたらす効果は耐震性・耐久性だけではありません。強い梁だからこそ、構造を支える柱や壁を減らすことができます。
柱と柱の間を最大約6m、天井高も約2.8mまで可能になり、従来の木造住宅ではありえなかったような大空間が実現できるのです。

詳しくは専用サイトを御覧ください。パナソニック耐震住宅工法テクノストラクチャーの家
ページの上部へ