こんにちは。
徳島で新築・注文住宅・リフォームをおこなっているかみくぼ住宅です。

 

今月のスタッフ紹介は、経理やインテリアコーディネートを担当する上久保千歳です。

 

―商店街が私の庭のように過ごしました

両親が商店街で仕事をしていたこともあって、小さな頃はまるで自分の庭のように商店街で遊んでいました。
両親のお店で過ごすことも多かったのですが、小学生になると同じ商店街にあった服屋さんに入り浸りに(笑)。
お店のお姉さんと話しながら、「大きくなったらデザイナーさんになりたいな♪」なんて思っていました。

一方で、住宅のチラシを眺めて間取りなどを見るのが好きで、そうした面は今の仕事にもつながっているなと感じています。

 

―テニスに夢中になった中学時代

かみくぼ住宅は、スポーツをやっていたスタッフが多いのですが、私も学生時代は軟式テニスに熱中していました。
商店街で仲良くなった1歳年上の先輩に誘われたのがきっかけだったのですが、ほとんど毎日部活の日々。
同じ軟式テニス部の部活仲間とはしゃいで、笑って、とにかく楽しかったです。

 

 

―商業高校に入ったのが今の私の原点です

中学3年生で進路を決める時になり、漠然と「早く働きたい」という気持ちが大きくなりました。
そこで選んだのが、簿記などが学べる商業高校。
商業高校なら高卒でも働けると思ったんです。

 

パソコンを使ったデータ処理の仕方や、簿記・経営情報・情報処理などなど・・・。
現在の仕事のベースはこの商業高校で学びました。

 

―英語を学びたくて短大へ進学

当初は高卒で仕事をするつもりでしたが、「英語をもっと学びたい」という思いが強くなり、英文科のある短大へ進学しました。
短大での一番の思い出は、短期留学でアメリカへ行ったこと。
40日ぐらいでしたが、英語が耳に慣れてきてヒアリングができるようになりました。

 

交換留学だったので、学校の寮で生活し週末はホームステイをしていましたが、短期間でもたくさん学び、遊びいい思い出になりました。

 

 

―卒業後に入った不動産業界が人生の転機になりました

卒業後は、これまでの経験を活かすべく不動産業界へ飛び込みました。
営業アシスタントとして、営業さんと一緒に接客をしたり、見積もりや図面をつくったり、確認申請をしたり・・・。
日々勉強でしたが、とても充実していました。

 

そこで出会ったのが、当社の上久保哲也です。
同僚として出会い結婚を機に退職し、かみくぼ住宅に入社することになりました。

 

―子育てと仕事の両立を通して学んだこと

かみくぼ住宅では、経理の仕事などを行っています。
入社後2年程仕事をしていたのですが、出産・子育てなどでしばらく休業したこともありました。

 

私には3人の子どもがいるのですが、以前は子育てと仕事の両立で悩んだことも・・・。
仕事があっても、スポーツ少年団の付き添いのために休まなくてはいけなかったり、3人それぞれの行事などがあると、スケジュールを組むのも大変で。

 

当時は大変に思うこともありましたが、今になって思うといい経験をしたなと思います。
こうした経験をしたからこそ、子育て中のスタッフが私のように悩まなくてもいいように、子育てのしやすい環境づくりに取り組むようになりました。

 

―かみくぼ住宅の一員としての今後の目標

今は経理の他にも、モデルハウスの間取りやインテリアも手掛けています。
かみくぼ住宅のモデルハウスは、常に新しい情報を収集し、お客様の声や日々の勉強の中から、時代のニーズをとらえた家づくりをしているのがポイントです。

今後もさらに新しい提案をし続け、「こういう家に住みたいな」「家づくりの参考にしたいな」と思っていただけるような、そんなモデルハウスを手掛けていきたいと思っています。

いつもスタッフをまとめ、気にかけてくれる千歳さん。
私たちにとって、縁の下の力持ちのような、頼りになる存在です♪

 

かみくぼ住宅で現在公開中のモデルハウスはこちら
https://www.iiieiii.com/cubo/cubo/

家づくりセミナーについてはこちら
https://www.iiieiii.comhttps://www.iiieiii.com/event//event/

かみくぼ住宅の建築実例はこちら
https://www.iiieiii.com/building/