STRONG

耐震

優れた耐震工法・構造で
あらゆる災害から家族を守る

耐震性能

地震や自然災害から命を守る
強い構造。
耐震等級3が標準仕様。

地震に対する建物の強さは「耐震等級」で表されます。「耐震等級1」とは、建築基準法で決められた最低限の強さであり、かみくぼ住宅では最高等級「耐震等級3」の標準化を進めています。
代表的な工法として、テクノストラクチャー工法を採用。
テクノストラクチャー工法では全棟、構造計算を行います。

かみくぼ住宅の選べる耐震構造

トリプル構造

トリプル構造

木と鉄を組み合わせたテクノストラクチャー工法+制震ダンパー+耐力面材で強靭の構造。

 

耐震×制震×耐力壁
トリプル構造
【地震・災害から家族を守る】

木造ブレースリー構造

木造ブレースリー構造

耐力壁として壁倍率が認定されている制震ブレースを内蔵した木造構造。

 

耐震×制震×耐力壁
木造ブレースリー構造
【地震への安心の強さ】

耐 震

選べる耐震工法① トリプル構造

かみくぼ住宅のテクノストラクチャー工法なら「トリプル構造」が標準仕様

世界で起こる地震のほぼ10分の1が日本で発生しているといわれるほど、日本は地震の多い国です。かみくぼ住宅では耐震性の優れたテクノストラクチャー構造を採用し、地震に強い住まいを提供しています。

世界最大級の振動施設で、阪神・淡路大震災と同じ地震波形で振動実験を行い、耐震性能を検証しました。
実物モデルによる耐震実験の結果、震度7の激震を5回もクリア。倒壊しないだけでなく、木材や金属への損傷もなく、繰り返し地震に対しての強さが証明されています。
※(財)原子力発電技術機構 多度津工学研究所にて実物大の住宅を使った耐震実験を実施

トリプル構造は地震・台風・強風・雪・火災に強い

かみくぼ住宅の耐震工法は、Panasonicビルダーズグループ正式施工認定店だからできるテクノストラクチャー工法に、オリジナル制震ダンパー「テクノダンパー」・耐力面材「あんしんボード」をプラス。 さらなる構造強化で倒壊を防ぎ、地震の揺れを低減、あらゆる災害から家を守ります。

トリプル構造その1

耐震性に優れたテクノストラクチャー工法とは?

テクノストラクチャー工法の耐震性は
耐震実験で実証されています。

世界で起こる地震のほぼ10分の1が日本で発生しているといわれるほど、日本は地震の多い国です。かみくぼ住宅では耐震性の優れたテクノストラクチャー構造を採用し、地震に強い住まいを提供しています。

世界最大級の振動施設で、阪神・淡路大震災と同じ地震波形で振動実験を行い、耐震性能を検証しました。
実物モデルによる耐震実験の結果、震度7の激震を5回もクリア。倒壊しないだけでなく、木材や金属への損傷もなく、繰り返し地震に対しての強さが証明されています。
※(財)原子力発電技術機構 多度津工学研究所にて実物大の住宅を使った耐震実験を実施

強固な構造の鉄梁・テクノビームで
頑丈な基礎を実現

かみくぼ住宅では一般的な工法より、さらに強度を高めた構造を標準仕様としてご提供します。

従来の木の梁

木は環境にもやさしく、丈夫で長持ちですが横向きに使う場合は、強度が不足しがちになるといった弱点があります。

オリジナル複合梁「テクノビーム」

木と鉄を組み合わせたテクノビームなら経年劣化を防ぎ、縦・横の大きな力に強く、建物のねじれ、倒壊、変形を防止します。

388項目におよぶ構造計算を全棟実施

構造計算は通常、1・2階建ての木造建築物には義務付けられていませんが、テクノストラクチャー工法では、さらなる安心と安全のため独自のシステムを用い、388項目におよぶ緻密な構造計算を1階建てから3階建てまでのすべての建物で1棟ごとに実施しています。地震や台風、積雪などの力や重さをシステム上で再現し、シミュレーションすることで、建てる前に建物の強さを確認。構造計算で裏づけを行い、建物自体の耐震性をしっかりと確保します。

トリプル構造その2

テクノダンパーで揺れを吸収する制震の仕組み

テクノダンパーは、一般木造住宅と比べ最大約70%(※1)揺れを低減。

テクノダンパーは、テクノストラクチャー工法オリジナルの制震用部材で、超高層ビルや大規模建築で用いられる制震技術である「座屈拘束技術」を一般住宅用に改良。地震の力を吸収する芯材と、座屈変形(折れ曲がること)を抑制する拘束材で構成されています。

伸び縮みにより地震の力を吸収する芯材を、コの字型に整形されている2つの拘束材が、表裏から挟み込む形状です。
テクノストラクチャーの耐震構造と組み合わせることで、一般木造住宅と比べ最大約70%(※1)揺れを低減することを確認。耐震性が高く、地震への対応力をさらに高めます。

大地震に相当する負荷を100回以上繰り返し加えても制震効果を発揮(※3)

制震効果の維持力を検証した結果、大地震に相当する負荷を100回以上与えても制震機能が維持できることを確認。また、住環境の温度変化などによる影響が少なく、耐久性の高い部材を使用しているため、安定した性能を維持することが可能。長期間メンテナンスなしで、繰り返しの揺れに耐えることができ、地震への強さを維持します。

トリプル構造その3

面で支える耐力面材「あんしんボード」を搭載

一枚で筋かい二本以上の耐力と高い壁倍率で水平荷重に対して強く抵抗。

建物には地震や災害のほかにも様々な荷重や外力がかかるもの。一般的に耐力壁に使用される筋かいは接合部に力が集中することや引っ張り側の力に対して抵抗力が低下する欠点がありますが、耐力面材である『あんしんボード』なら、どちらからの力が加わっても荷重を分散させるので安心です。

壁倍率の数値の高さは、同じ壁面積で耐え得る力です。同じ間取りプランならば、30×90mmの片筋かいを使用した建物よりも、地震や台風に余裕を持って備えられます。

耐震ベタ基礎

地盤への接地面積が大きく、建物への衝撃を効果的に地盤へ逃すことができます。コンクリートで覆うので湿気を防ぎ、シロアリの侵入も防ぎます。

地盤調査

かみくぼ住宅では全ての建築住宅において入念な地盤調査を行い、地盤の強度や地層構成などをチェックします。必要に応じて、その土地に合った最適な地盤補強工事をご提案します。

耐 震

選べる耐震工法② 木造ブレースリー構造

かみくぼ住宅の木造在来工法なら「ブレースリー®」が標準搭載

「ブレースリー®」はアルミ製の筋かいに履歴ダンパーと呼ばれるアルミ押出形材を内蔵した制震ブレースです。このアルミダンパーの塑性変形によって生じるエネルギー吸収機能により安定した減衰性能を発揮し、地震の揺れを30%~50%低減します。※建物・地震波により異なります。

最大の特徴は、制震ブレースでありながら耐力壁として「壁倍率2.4/2.3倍」が認定されていること。制震機能付きの耐力壁として利用できるため、限られた住宅の壁を有効に使うことが可能です。アルミ押出形材ですから経年劣化も起き難く(使用環境による)、低コストでもあります。

  筋かい耐力壁 面材耐力壁
形状 ブレースリー(R)
仕様 45×90 構造用合板7.5mm
壁倍率 2.0倍 2.4/2.3倍 2.5倍

国土交通大臣認定の性能評価で耐震+制震で地震の揺れを最大73%軽減。

制震効果の維持力を検証した結果、大地震に相当する負荷を100回以上与えても制震機能が維持できることを確認。また、住環境の温度変化などによる影響が少なく、耐久性の高い部材を使用しているため、安定した性能を維持することが可能。長期間メンテナンスなしで、繰り返しの揺れに耐えることができ、地震への強さを維持します。

耐震ベタ基礎

地盤への接地面積が大きく、建物への衝撃を効果的に地盤へ逃すことができます。コンクリートで覆うので湿気を防ぎ、シロアリの侵入も防ぎます。

地盤調査

かみくぼ住宅では全ての建築住宅において入念な地盤調査を行い、地盤の強度や地層構成などをチェックします。必要に応じて、その土地に合った最適な地盤補強工事をご提案します。