2019.07.16

かみくぼ住宅スタッフブログ

かみくぼ住宅が建てる『木造在来軸組工法』の家とは?

こんにちは。

徳島で新築・注文住宅・リフォームをおこなっているかみくぼ住宅です。

 

前回ご紹介した『テクノストラクチャー』の家の他にも、かみくぼ住宅では木造在来軸組工法による施工も行っています。

木造在来軸組工法とは、日本の昔ながらの建築工法で、柱や梁で建物を支える構造です。

コンクリート基礎は、家の加重を底板全体で受け止めるベタ基礎を採用し、湿気を防ぎ、シロアリも侵入しづらいものです。

そこに、柱を立て、梁などを組み合わせて骨組みを造り、壁などを取り付けていきます。

木造在来軸組工法のメリットは、先に骨組みを造ってから壁を施工しますので、間取りの自由度が高く、増改築がしやすいこと。

また先日お伝えしたテクノストラクチャーよりも、ややお手頃な価格でもあります。

 

当社では、耐力面材というボードを使い、面で家を支え、より耐震性の高い構造となっています。

さらに外壁には、晴れの日は汚れを分解し、雨の日は汚れを洗い流す光触媒の壁を採用していますので、日々セルフクリーニングされている状態でお手入れの手間も少ないのが特徴です。

 

お家の構造としては、断熱作用が高くホルムアルデヒドを発生させないアクアフォームの断熱材を使用し、年中快適に暮らしていただけるよう工夫しました。

同時に24時間換気システムを採用し、汚れた空気や湿度をしっかりと排出。

住まいになるご家族のカラダにやさしい住宅に仕上げています。

 

テクノストラクチャー工法、木造在来軸組工法、共にかみくぼ住宅が皆さまに自信をもってお届けしている工法です。

気になる方は、お気軽にお問合せくださいね。

一覧に戻る

CONTACT

お問い合わせはお気軽に!

TEL 088-674-2034

水曜定休

OPEN 9:00 - 18:00

※ご予約の際は「ホームページをみた」をお伝えいただけますとスムーズです。