STAFF
INTERVIEW

日野 きよ
Kiyo Hino

  経歴

住宅ローンアドバイザー
様々な現場に立ち会わさせて頂き、お客様の思いを形にする事への素晴らしさを感じております。会社のモットー『いい家は、いい会社のいい社長が、いい社員と心をこめてつくる家』を胸に刻み、日々、勉強の毎日です。ママさん目線で、少しでも夢と希望あふれる家づくりのお手伝いが出来たらと思っております。

日野 きよ

父の転勤で、子ども時代はいろいろな街に住みました

私の生まれは兵庫県で、2歳まではそこに住んでいました。
父親が俗にいう転勤族で、3歳になると神奈川県小田原市に引っ越したみたいです。

私の中でハッキリとした記憶があるのは、静岡県清水市(現静岡市)で暮らしだしたあたり。
4歳ぐらいから小学校5年生までの約7年過ごした思い出深い土地です。

また11歳離れた弟が誕生したのも、この土地です。

清水の思い出といえば、地震が多かったことでしょうか。

徳島では馴染みがないのですが、児童一人ひとりが防空頭巾を持っているんです。
座布団型になっているので、普段はイスに置いて座布団として使っているから、頭巾はぺっちゃんこ(笑)
それを使ってよく避難訓練をしていました。

もう一つ思い出深いのは、バスケットに夢中になったことです。
私は身長が低めなのですが、とにかくバスケが大好きで。
練習は欠かさず参加し、レギュラーになる日を夢見ていました。

5年生までは清水にいたのですが、その後また転勤で今度は北海道の音別町という町に行くことになりました。

清水ではバスケをやっていましたが、北海道では中学1年生からソフトボールをはじめて・・・。
だけど北海道って雪に埋もれている期間が長いので、外で走ったりキャッチボールをするのも大変でしたね。

それに静岡から北海道に移ってみて思ったのは、方言が違いすぎて言葉が通じなかったり、結構田舎の町だったので、同級生はみんな小さな頃からずっと一緒の子たちばかり。
授業もスケートの授業があったりと、環境に順応できず、孤独を感じることも多かったような気がします。

北海道時代に心の支えだったのは、11歳年下の弟の存在でした。

弟の面倒をみたり、一緒に遊んだりして「第2のお母さん」みたいに、過ごしました。
今はもう弟もすっかりおじさんですが、やはり可愛い存在ですね(笑)。

日野 きよ

子どもが小さな頃は、母として育児に全力投球でした

中2の頃に、両親の実家がある徳島に引っ越してきました。
徳島は私にとってははじめての土地でしたが、祖父母が近くにいたり、両親の故郷だったので、やはり嬉しかったですね。

またいつものように転勤するのかな?と思ったこともありましたが、高校生の頃に家を購入したので、「あぁ、ここにずっと住むんだな」と安心した記憶があります。

それ以来ずっと徳島で暮らしています。
徳島は自然と街が共存していて、とても住みやすい街だと思っています。

中学時代からこれまで徳島で暮らしてきましたが、29歳の時に結婚という大きな転機がありました。

その後、一人息子にも恵まれて・・・

息子が小学生の頃は、毎日学校まで送り迎えをしていて。
ちょっと過保護ですよね・・・。でも今思えば、貴重な親子の時間にもなっていたと思います。

子どもが小さな頃は、子育てに割く時間が多く、子育てと家事というように、家のことが最優先でしたね。

日野 きよ

はじめての業界に飛び込めたのは「かみくぼ住宅」だったから

息子が中学生になった頃早々に、フルタイムの「正社員として働きたい」と思っていました。

そんな時、ハローワークでかみくぼ住宅で、モデルハウスのスタッフや営業補助として求人が出ているのを見つけました。
住宅業界は未知の世界でしたが、元々先代の社長のことを存じ上げていましたし、地元の企業という安心感のようなものもあり、思い切って飛び込んでみました。

最初はモデルハウスや営業補助をするものと思っていましたが、機会を与えていただき営業の道へ。
営業もはじめての経験だったのですが、そこは亀の甲より年の劫(笑)。

知識がなかったので、たくさん勉強もしましたし、先輩にいろいろと教えていただきましたが、何とかここまでやってこられました。

うちの父は退職後に、徳島県立博物館でボランティアの長をやっていたり、母も地域の町内会の婦人会の会長をさせていただいていたりと、「地域貢献」にかなり熱心なんです。
私は両親のようにはできませんが、そうした両親の姿を見て育ったせいか、家づくりではお施主様の気持ちに自然と心を傾けられているような気がします。

また同じ主婦として、子育てしている母として、お施主様の想いに共感できるよう心がけています。

お客様の喜ぶ顔が見たい、お客様に寄り添っていたい・・・。
そんな気持ちで、気づけばかみくぼ住宅で働いて6年目を迎えました。

そうはいっても、やはり建築業界は男性社会ですので、苦しいこともありましたし、大変だなあと思うこともありました。
最初の頃は、お施主様に心を傾けすぎるあまり、業者さんや大工さんに無茶を言ってしまうこともあり、怒られることもありましたが、業者さん・大工さん・先輩方に育てていただき、成長できたと思っています。
息子も大学生になり、正社員としてバリバリ働く私を見て、応援してくれているのも嬉しいです。

最近は、いろいろと助けてくれる場面も増え、私が働く上でも頼りにすることも増えました。

これからもかみくぼ住宅で、お客様に共感する、自分だけにしかできない家づくりのお手伝いができたら嬉しいです。

MY FAVORITE 趣味・お気に入り!