WORKS

建築実例

快適な空気が流れる家

  • h

    天井部の吹き抜け+大きな窓で、たっぷりの光が降り注ぐリビング。見える柱を一本も立てずにこれだけの大空間を実現できるのは、テクノストラクチャー工法のおかげです。ソファに座ったら、気持ちよくてうたた寝してしまいそうですね。

  • h

    『ここちよく暮らす』をコンセプトに、マンション住まいでは実現しにくい一戸建てならではの大胆な間取りになっています。吹き抜けやアイランドキッチンなど、憧れをぎゅっと詰め込みました。

  • h

    シンプルな温かみのある玄関。玄関は出入りが激しいので、結構汚れが目立つもの。しっかりと収納も確保しつつ、お掃除もしやすいように、あまり広くなりすぎないように設計しています。

  • h

    まるで宙に浮いているように見える、TVの上部の造り付けの収納。限られた土地の広さでも、幅をとらずに設置できます。散らかりがちなリビングもスッキリ見せられるように、収納は多めに配置しておくのがおすすめ。これから注文住宅を考えられている方は、今の生活の一日の流れを思い出しながら、どこにどんな収納が必要か考えてみましょう。

  • h

    キッチンから見えるリビングの景色です。リビングは家族のコミュニケーションを自然と深めてくれる場所。家事をしながらでもいつでも家族の気配や温かみを感じられるのは、素敵なことですよね。

  • h

    リビングの一角にあるジャパニーズな雰囲気漂う和のスペース。後ろは収納になっています。来客時にお茶を出してゆっくり過ごしてもらったり、ちょっとゴロンと素足でお昼寝もいいですね、、、。

  • h

    キッチンから一直線上につながるダイニングテーブル。かみくぼ住宅では「シェアカウンター」と呼んでおり、モデルハウスやお客様邸で多々採用されている、人気の家事ラクポイントです。

  • h

    「シェアカウンター」の便利なところは、キッチンで調理した料理を、滑らせるようにすぐに運べること。そして、シンクが近いので片付けもスパッとできること。何より、ご家族やお子様に家事を自然に手伝ってもらえるのがGoodです。

  • h

    お子さまのリビング学習やパパのお仕事、ちょっとした書き物なんかにもサッと使えるカウンター。独立したカウンターで勉強すれば、食事のたびに教科書やペンを片付ける必要がなくて便利ですよ。

  • h

    キッチンに立つと、目の前にはリビング階段が。帰ってきて2Fに行くときは必ずこの場所を通る間取りになっています。料理をしながらでも、おかえり、ただいまでちゃんと顔を合わせられます。

  • h

    自動食洗器やIHコンロ、シンプルでスタイリッシュな水栓、そして10年お掃除不要の高性能換気扇がついています。

  • h

    こだわりのアイランドキッチン。素材は人工大理石で、シンプルながらもお手入れのしやすい上質なタイプです。アイランドキッチンは通常のキッチンよりも少し価格は高めとなりますが、見た目の美しさとリビングとの一体感は抜群です。

  • h

    キッチンにはたっぷり容量の背面収納を。引き戸式になっているので、やさしく開け閉めできます。キッチンの収納はいくつあっても足りなくなるものですよね。広さの許す限りあらかじめ作っておくのがおススメです。

  • h

    洗面台のサイドの隙間に収納を造り付けてあります。洗面の収納は、土地の広さや間取りによっては取りにくい時もありますが、あればとても便利。省スペースで、よく使う衣類や洗剤などを手軽にしまっておけます。

  • h

    洗面→化粧台→勝手口→キッチンにつながる動線です。料理をしながら、お風呂を沸かしながら、洗濯をしながら、準備する。こんな毎日のルーティーンもスムーズにこなせます。

  • h

    ホワイトで統一された清潔感のあるバスルーム。上部の窓からはたっぷりの光が差し込み、明るいバスタイムを演出してくれます。

  • h

    リビング階段の壁には、雑誌や本をしまっておける図書棚を。埋め込みになっているので余計なスペースを消費せず、さりげなくおしゃれに見せるカフェ風の収納にしました。

  • h

    吹き抜けを囲う手すりのボードはアクリルで高級感のある仕上がりに。耐震等級3を保ちながら開放的な空間を実現。2Fと1Fのリビングで会話もできます。

  • h

    将来2つの部屋に仕切ることができる子ども部屋。収納も窓も2つに分けられます。家族設計でお子様が増えたときにも、柔軟に対応できます。もちろん、仕切らずにそのまま使うこともできますよ。

  • h

    落ち着いた大人ラグジュアリーなベッドルーム。一日の疲れを癒す場所だから、クロスなどでスパイスを入れ遊び心を取り入れつつも、あまり奇抜になりすぎないように工夫しています。

  • h

    寝室には、パパやママが自分の時間をつくれるカウンターを。パソコン作業や読書、リビングから離れて一人の時間をもちたいときにベストな場所です。奥には、スムーズに出し入れできるウォークインクローゼットもあります。

  • h

    2Fの階段をのぼると小屋裏収納も。暗くなりがちな小屋裏ですが、採光窓もあり明るくなるように工夫しています。小屋裏収納では、1Fでは迷ってしまうような冒険心のあるクロスも大胆に使えて、楽しいですよ。

完成
2015年11月16日
場所
徳島県徳島市
プラン
注文住宅
家族構成
工法
テクノストラクチャー
仕様
ZEH
延床面積
担当 : 家づくりプランナー/上久保哲也
無事に素敵なお家が完成いたしました。 上久保哲也のプロフィール >